愛する人に毎日でも食べてもらいたい、大切な人へ贈りたい、中村屋蒲鉾店はそんなかまぼこを目指しています!
中村屋かまぼこ店トップページへ  一つ前のページに戻ります  皆様にお伝えしたいかまぼこへの思いとこだわり 中村屋かまぼこ店の紹介と歴史など・・・ 知りたいことあれこれ、ご質問も受付中 お客様から寄せられた大切なお声です ぜひお店にもいらっしゃってくださいませ おすすめのサイトがいっぱいです お問い合わせやメールはこちらからお気軽にどうぞ 
   
各種商品の説明とカートによるお買い物。ウィンドウショッピング大歓迎♪お気軽にお立ち寄りください。(*^_^*)

ご注文の前にご覧ください
特定商取引法の表記
支払方法について
配送方法について

プライバシーポリシー

中村屋かまぼこ店から発信のメールマガジンにぜひご登録ください


2007年 記
2006年 記
2003年 記
2004年 記
おもな登場人物紹介
テンさん=店主、テンつま(私)
テン母=店主母 
テン太郎=長男
テン次郎=次男
テン美=長女
ヨコさん=店員
愛媛今治 こんな街・・・
WEB担当 中村
ちょっと前の顔写真、いまはもうちょっとおばちゃんです(;^_^A アセアセ
店主妻=テンつまが心をこめてWEB担当させていただきます

日常のつぶやき&ときどきお店情報・・・別ウィンドウで開きます
(ショップブログ兼ねてます)

かまぼこを使ったお手軽レシピ(?)
遊びの
部屋
店主妻のつれづれ雑記帳
趣味でテディベアを作ってます 別ウィンドウで開きます
お気に入りやおすすめ、日常のあんなことこんなこと、
ちょっと書き留めておきたいうれしいことや感じたこと、
店主の妻=テンつまの思いつくまま気の向くままつらつらと
書き綴った雑記帳です

お時間のある方、さらりと読み流してくださるとうれしいです
ホームページ・リニューアル後記 (2007/04/12)
予定していた日にちより2日ほど遅れてしまいましたが、なんとかリニューアルオープンできました。
パソコンの、そしてホームページの専門知識がない素人なので、リニューアルしたとはいえ、
お見苦し点が多々あろうかと思いますが、なにとぞ新装オープンした当HPをよろしくお願い申し上げます。
お気づきの点がございましたら、遠慮なくおっしゃってくださいませ。m(._.)m ペコッ

今回、このリニューアルにあたって、『やらなければ!』 『やらなければ!』 と自分をどんどん追い込んでしまい
一時辛い気持ちになってしましたが、自分が楽しくなければ 楽しいものはできあがらないし、
自分がうれしくなければ 伝えたい気持ちもうまくは伝わらないですよね。
末っ子にそれを気付かされました。
『おかあさん、仕事も遊びと思って、遊んでるときみたいに楽しくすればいいよ。』
よほど切羽詰った悲壮な形相をしていたんでしょう・・・``r(^^;)ポリポリ
幼い子供にまで心配をかけてしまったダメな母親です。

まだまだ仕事も日常生活においてもしたいことがい〜っぱいあるわたしですが、
人生なにごとにも楽しんで、ポジティブに、悔いのないようにいきたいです♪

今後も、毎日の仕事はもちろん、新商品開発、たのしい詰め合わせ、HP更新など
いろいろ取り組んでいこうと思います。どうぞよろしくお願い申し上げます。m(._.)m ペコッ

うれしいお客様 (テンつまのつぶやき 2006/5/27掲載)
わたしにとりましてお客様はどの方もどの方もほんとうにうれしいお客様です。

初めてきてくださるお客様はもちろん、わざわざ店を探してきてくださる方、『あの味が忘れられなくて』と再来あるいは再注文してくださる方、『いただいた蒲鉾がとても美味しかったので』とお買い求めくださる方、近隣の方からずいぶん遠方の方までいらっしゃって、ほんとうにありがたく、お話をおうかがいするだけでじーんと胸が熱くなりとても感激します♪

なんと、今日(2006年5月27日)は思いがけず某放送局の(明記していいのかわからず、一応ぼかしました…)、野志アナウンサー(お名前を明記してしまいました…)がご来店してくださいました♪

「お久し振りです。」
「ご無沙汰しております。」


↑画像をクリック
という会話からはじまり、お仕事で今治までいらっしゃっていた旨、そしてプライベートのお買い物で
寄っていただいた事、またわたしからはこのホームページのことなどもお話させていただきました。
(野志アナウンサーさんにご存知いただいていたことにすごく感動しました!!!)

もう12年も前になりますが、番組の取材後に奥様(その当時はご結婚前でした)と
いらっしゃってくださった事も懐かしく、今晩はその愛らしい奥様との楽しい食卓でうちの蒲鉾も
食べていただけるそうで、野志さんや奥様に覚えていただいていた事がほんとうにうれしくてありがたくて
舞い上がってしまいました♪

うちの店員さんや主人達はあいにく配達や用事でその場に居ず、その場はわたしと職人さんたちとで独り占め、
もとい、三人占めでした♪みんなあとから知ってずいぶん残念がっておりました。
末っ子など、野志アナウンサーの写真を見て『テレビの人、テレビの人!会いたかった〜!』と
かなり騒いでいました。``r(^^;)ポリポリ

そうなんです。なにを隠そうわたし、舞い上がっていたにもかかわらず、ちゃっかりしっかり一緒に写真を
撮らせてもらったのです。ポッ(*^o^*) ・・・が、野志アナウンサーはテレビで見るよりももっとハンサムで、
12年も月日が流れたと思えないほど若々しくお変わりございませんでしたが、わたしはここ数年であまりにも
オバサン化してしまったので公衆の面前にその姿を曝すに忍びなく、ちょっと修正させていただきました。。。
(;^_^A アセアセ    (実は左の『WEB担当』の写真は数年前の少し若かりし頃の写真・・・照)

(修正無しの写真はプライベートアルバムに大切に保管させていただきます。。。``r(^^;)ポリポリ)
ページのトップへ
ホームページ作成後記 2003/07/31
わたしことテンつまは、OL時代、地元のある大手ガス会社(?)の電算部に勤務していました。

その頃の仕事はデータ入力と簡単なプログラミングなどをでしたが、かれこれ16、7年も前の話、
今のような画期的なパソコンが出来るずっとずっと以前のお話です。
その後わずか2年間で中村屋蒲鉾店に永久就職することになりましたが、とりあえずキーボードが打てることは、
その後の人生にとても大きな影響があったと思い、ほんとに感謝いたしております。

時は流れて、世の中はIT時代、パソコンがもてはやされる時代となり、時代の流れに乗るべく当店も
そろそろネット販売もという声も上がり、とりあえず業者の方にお願いして
ホームページなるものを作ってもらったのが平成12年。けれど、『とりあえず作った』感は拭えない状態・・・。
『ま、ないよりはあるほうがいい?』程度で一度も更新されぬまま3年過ぎました。

そんなある日、テンさんの友人Tさんがいらっしゃって、
「ホームページは絶対に自分が作った方がいいものが出来る!」

と力説。
「おくさんだったらできる!」
・・・そう乗せられてもなぁ・・・時間的な余裕がないよなぁ・・・と思いつつ、
それでも今まで友人の趣味のHPを作った経験もあり、店主のつぶやきなどを盛り込んで作ってみようか?
という運びになりました。

仕事の合間を縫って、亀のあゆみで作業を進めること3週間、なんとか形になったような気もして
公開に踏み切りましたが、なにぶん不勉強でお見苦しい点もあるかと思います、

なにとぞ広い心で笑って許してくださいませ・・・。m(._.)m ペコッ
ページのトップへ
店主のつぶやき 2003/07/31
HPを作り直すにあたって、店主のつぶやきコーナーを作ってみようか、とテンさんに持ち掛けました。
テンさん、わからないだけにあまりHP製作には乗り気ではないけれど、
「作ってくれれば書くよ」
と言うので、とりあえず作ってみることにしました。そして、その意気込みをヨコさんに話しましたときの会話。

テン妻 「今度ホームページを作り直そうかと思うのよ、店主のつぶやきを入れてみようかな〜と思って。」

ヨコさん 「作り直すのはいいけど、店主って誰よ?」

テン妻 「なんていうことをいうの!?店主って、社長よ〜。ばーちゃんじゃないよ。」

ヨコさん 「え〜!!??店主ってガラ??おかしいよ〜」

テン妻 「え〜!!??どうして〜??怒られるよそんなことを言ったら・・・・」

ヨコさん 「だって・・どんなに考えても・・・そりゃ、奥さんにとっては店主かもしれないけど・・・なんかほかのネーミングに変えたら?」

テン妻 「・・・なんて?社長のつぶやきとか?」

ちょっとここで間があり、しばしヨコさんはわたしの顔を見つめ、そしておもむろに

ヨコさん 「あぁ、『店主』ね、びっくりした。『天使』って言ってるのかと思って。おかしいと思ったわ」

ヾ(・・;)ォィォィ・・・そりゃぁ、どう見てもテンさんは天使には見ないよ・・・。上の会話、ヨコさんの『店主』を『天使』に置き換えて読むと、とってもよくわかります。

こうして、『テンさんのつぶやき』コーナーは生まれたのでありました。

(注釈・・HP完成から半年後に、『テンさんのつぶやき』コーナーは『テン家のつぶやき』に改名いたしました。。。。しかも1年後には『テン妻のつぶやき』に変更を余儀なくされました。あしからずご了承くださいませ・・)
ページのトップへ
クリスマス・イルミネーション 2003/11/25

平成7年に建てなおした現在の中村屋蒲鉾店。

それまでは家族5人(当時長女は生まれてませんでした)が住むにはとても手狭で、荷物にあふれておりましたが、家が新しく広くなったこともあり、いろんなところを飾っては楽しんでいます。

クリスマスには、外観を利用してちょっとしたイルミネーションを飾っています。その年年によってちょっとずつ変わってはいますが、毎年クリスマス頃にはしているのでお近くを通りかかる方はちらっと見あげて行ってくださいね〜。
(画像をクリック)
ページのトップへ
お客様からの贈り物  2003/11/27

お歳暮のご注文を毎年いただくお客様からの郵便封筒、
今年もきてくれたのねとうれしく思いながら受け取ると、なにやら分厚い!?
開けてみると、こんなかわいらしい手作りのしおりが入っておりました。
テン母、ヨコさん、私の3人への温かい温かい贈り物でした。
しおりのお人形さんのお顔はとっても愛らしい笑顔で、お客様の優しいお心が私たちの心に
しっとりと沁みてきます。さぁ、今年もお歳暮シーズンがんばらなきゃっ!
ページのトップへ
パソコン応援教室募集要項(??) 2004/3/31
わたくし、テンつまこと店主妻はWEB担当者となっておりますが、特別にパソコン教室に習いに行ったわけでもなく、
いまもってワード・エクセルを使えません・・・。(;^_^A アセアセ
が、ご近所に住む方で、わたしの時間の都合に合わせていただける方がいらっしゃったら、
喜んでパソコンに関する相談やHP作成のアドバイスなど承ります。

わたしのできる範囲というのは、このHPでしていることぐらいですが、それでよろしければ、
まずはとりあえず遠慮なくご一報ください。

なにぶん、本業はご存知のとおりかまぼこ屋ですし、幼い末っ子を抱えておりますので、
あくまでも応援程度となりますが・・・。(HP作成の代行などはできません、あしからずご了承ください)

今治の商店街の各店舗さん、それぞれ良い品を扱っていらっしゃるし、
もっともっと広くいろんな人に知ってもらえたら良いのにと、もったいなく思います。
自分で作れば『元手がかかってないからダメでもともと』というところから始められますし、
ネットでの利益は上がらなくても、宣伝効果は大!だと思います。

HP作成は思ったより簡単にできますよ。(*^_^*) レッツ トライ!
ページのトップへ
吉海町バラ公園行きました 2004/06/02
数年前に吉海町にバラ公園なるものがオープンしました。

世界のバラがたくさんあって、その時期にはとても美しく咲くとか。で、ずっと行きたかったんですけど、なかなか機会がなくて今までこんなに近くなのに行けずじまいでした。

やっと念願かなってこのほど行ってまいりましたので、そのレポートを右画像にリンクしておきます。クリックしてみてd(^-^)ネ!(新しいウィンドウで開きます。)

バラはバラの咲く季節でないと楽しめませんが、敷地内に遊具などもあり、小さなお子様がいらっしゃっても退屈はしないかも・・・と思います。(実際うちの末っ子はずっと遊具で遊んでいました。テンさんが付き添ってくれてました)
どうぞ、興味ある方は見てやってくださいませ。。。m(._.)m ペコッ
ページのトップへ
エソの皮竹輪  (2004/04/17のつぶやきにも記載)
テンさんが、蒲鉾の材料に身をとったあとのエソの皮を利用して、家族用に皮竹輪を作ってくれました。地魚をふんだんに使っているからこそ出来るんですよね。
歯ごたえのしっかりしたお竹輪に仕上がりました。

こんなにおいしい竹輪、ホントは皆さんにも召し上がっていただきたいのですが、手間がかかりすぎるし、コストの問題等で商品化は無理なのがとても残念でなりません・・・!

これを食べると、エソが蒲鉾の材料として一番おいしいといわれる由縁が、わかります!!
(画像をクリックすると少し大きな画像が見れます。)
ページのトップへ
祝婚歌    2004/09/20 
わたし達の結婚式(昭和63年)にわたしの勤めていた会社の先輩が贈る言葉として、
吉野弘さんの『祝婚歌』という詩を朗読してくれました。今あらためてその詩を読み、とても心に沁みてきます。
よりたくさんの人に聞いていただきたい詩です。。。

ページのトップへ
|  トップ  |  商品紹介&ショッピング  |  注文ガイド  |  特商法表記 | メルマガ登録 | こだわり | 店舗紹介 | Q&A | お客様の声 | アクセス |

| なーる蒲倶楽部 | 今治の街 | ショップBLOG | お手軽レシピ | リンク集 | お問い合わせ | サイトマップ | 雑記帳 | つぶやき | お針箱 |

(有)中村屋蒲鉾店 愛媛県今治市常盤町1−4−3   Tel (0898)22-1152   Fax (0898)25-0373
Copyrightc2003- (有)中村屋蒲鉾店 All rights reserved. Since 1 Augusut 2003